スポーツ障害・外傷

■スポーツ外傷の治療

●野球肩・野球肘(投球障害)

リハビリテーション科スタッフで野球経験者を中心に野球班を結成していますので、治療はもちろん、再発予防のコンディショニングや投球フォームまで詳細に指導します。また、治療とは別にスポーツ障害予防教室でも「野球塾」を開催しております。

●肩腱板断裂・肩関節脱臼

受傷後は保存療法(リハビリ)を3ヵ月程度おこない、必要であれば手術適応となります。腱板断裂や、反復性脱臼などの肩関節疾患の手術では、船橋整形外科(千葉)の菅谷啓之先生に執刀していただいております。
退院後のリハビリは当クリニックでフォローしていきます。執刀医の菅谷先生は、専門外来として定期的に整形外科石井クリニックで診察していただいておりますので、術後における執刀医と担当理学療法士間でのコミュニケーションが十分にとれますし、安心して治療を続けることができるでしょう。

●膝前十字靭帯損傷(ACL損傷)・膝半月板損傷

当クリニックにて手術をおこない、執刀医より定期的に術後経過について診察していただけます。術後3週間の免荷期間後に大半の方が退院されます。スポーツ復帰は6ヵ月以降となりますので、術後のリハビリは当クリニックでフォローしていきます。

肩外来

▲ ページトップ